2009年05月25日

無題その2-1


お久しぶりデス。久々に書いてしまいました。
表現というノハ、何も他者に伝える事を前提にする必要はないのではナイカ、とツラツラ思いながら書きました。
なので、とても読み辛いと思いマス。しかし、自分が考えている事を文字化スルと言うことは、脳内以外に自分と同じ意見をコピーする事であり(厳密には全く同じではないにせよ)モノを書く事で得る安心感というのは共感者を得ることに似ているのではナイカ、と思うのです。他人に「分かる分かるー!」と言われても「ダヨネー」とか言いつつ「イヤ、アンタは本当の私の気持ちナンザ分かっちゃイネェ」と思ってしまう(実際ソンナ場合には、自分だって相手に伝える努力をシテイナイ事が往々ナンデスよね)事がありますが、自分から出たものはそう言った事がナイ。ダカラ安心感があるのではないかと思うノデス。
勿論、伝えたいモノがあり、伝えることに全力を尽くすというタイプの創作もあるのデショウ。過去の創作物を鑑賞する事がその作者(の一部)との対話であるように、自分の創作物と向き合うのもまた自分(の一部)との対話になる。ウンチを見て今日の自分は調子イイナー、と考えるようなモノでしょうか。となるとネット上にそういった創作物をあげる事はウンチを大公開! 今の私はどう見える!? となり、チョット恥ずかしいですが、鏡に映った自分の顔、どんな顔シテマスカ? トカなら結構普通に感じマスネ。


ッテ、実際コイツはまだその意見の段階に達してネェンダヨナ……(力尽きた)



続きを読む
posted by みもん at 02:20| Comment(27) | TrackBack(0) | 無題その2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。