2005年04月27日

MOVE!

本日の成果

・読了


・書評


・ストック
11

・MIVA
ダックくん、サルさん。

あと、三日。

新ネタ。
今回は全く新しい設定で、色盲の男の子二人組みの冒険モノが浮かんだ。(ホント視覚障害についてだと私はネタが中々枯渇しない気がしてきた。飛蚊症と夜盲症ネタでも一つずつストックがある)


「なぁユージ、色ってどんなんなんだろ」
「オレに聞くなよー。オレだって分かんないもん」


 オレは生まれつき、色が識別できない。
 らしい。
 らしいっていうのは、オレには色ってものがどんなのだか分かってないから、あるのかどうかもよく分からないんだ。確かにオレンジとか緑とか、見分けてって言われてもわかんないんだけどさ。


「オレ、今年の夏休みの自由研究、色についてやろーと思うんだ」
「へー」


 オレは十歳。
 友達のユージも、十歳。

 この夏、オレたちは色を見つける冒険に出かける。
 オレたちの色を見つける冒険に。


やっぱ冬休みにするか。それとも春休みにしようか。夏小説かけんかもしれんし……
まだ何も決まってないんですけどね。全盲の女の子と色盲の男の子のコンビにしようかとも思ったり。
見つかるわけナイダロとか思うかもしれませんが、このお話全然悲愴なイメージではありません。むしろハッピーで無邪気な雰囲気。だが料理の仕方がなぁ……うーん。


そして一言返信。っつっても私が語りたいだけですが。

>いや、俺はもう知ってるから引いたりしないケド(笑)。ちゅーかむしろ『おお、同志らしいぜ!(笑)』みたいな。確かにタチコマは可愛い。最近はあんまり戦闘では役には立たないけど(エージェント機能での張り込みは便利そうだけど)。でも、九課でただ一人タチコマに『君つけ』で呼ばれている(アズマ除く)トグサ辺りは生意気だとか考えてそうな気もするネ。(ちなみにフォームでタグが効かないのは知ってるんで

>でもPKF仕様の義体の「自己修復機能」ってどんなんだろうね。ちゅーか前に同志の言ってた「義体のエネルギー源は?」が最近とても気になるの。素ちゃんが人間用っぽいコーヒーを飲んでたのも謎だ。味覚とかどうなってるんだろう。ちゅーか、喰ったら出るだろ。その辺の機能は? 出た物体は摂取前と比べて化学反応(後略)。では!

同志ありがとう! まぁそのまんま貼り付ければBタグは生きてくれるダロウ。そこまで計算済みカ!

ありがとう、引いてくれなくて私は感動したよ……さすが同志だ、機械にも愛がアル……!
だよねぇ。対人戦で活躍……たって川島も守れないし、最近ダメダメだよな……1stの難民島での活躍みたいなのを私は期待してるんだが……
そしてトグサくんは最近タチコマに対してはいつもぶっきらぼうだヨネェ。そういえば1stでは一機(専用機?)だけバトーくんって呼んでた気がするんだけど、いつのまにかさん付けになってたよね。ナゼダ……。まさかスクラッ いや、でも「機械たちの午後」では出てたよね、専用機。ミス?

PKF仕様の「自己修復機能」ってのは、私もまだよくわからんのだけど、今16話くらいまでビデオ借りてみてみた限りでは、戦場で負傷しても義体の機能を休眠させる事で自己再生がある程度まで可能、みたいな機能なんじゃないかと思ったり。派遣先はどうも寒冷地みたいだけど、となると凍傷とかで負傷してもまた動けるように、とかそういう配慮なんだろうか。ナノマシン云々ってのも出てたし、タフな義体をフル活用するっていうコンセプトな気がするけど。メンテフリーとかも言ってたし。詳細は分からない……
しかし頭だけにしないと拘束不可ってのはすごいよねぇ。そういえばアップルシードにはヘカトンケイルってのがあったけど、ヘカトンケイレスだっけ。攻殻に出てきたアレとは無関係なのかなぁ。

義体のエネルギー源はホントに謎ダヨネ。二話では「サイボーグに食など必要ない」とか言ってたし、人間風の食事はホントに嗜好の世界っぽいし。
味覚とかは、サイボーグ用食が90%のグルテンとアミノ酸にマイクロマシン? ってことだから、人間とはかけ離れたものっポイ……トグサも不味い言ってたシ。
そういえば少佐、喫茶とかで普通に飲んでるよね。その辺も外国のヒンドゥー信者用肉みたく、あっちの世界じゃほとんどの店でサイボーグ用と人間用で分けて売ってるんだろうか。そして消化とかはホントに謎ダネ……傷痍戦闘サイボーグっていうからそれほど高級な義体じゃないはずの人たちも普通に食べてたから、消化排泄まで大抵の義体で用意されてるんだろか?
謎だ……気になるネ……

……たった10分でこんなに語ってしまった……同志ありがとう……ナンテコトダ……
【関連する記事】
posted by みもん at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 小説ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。