2004年07月09日

政治の話でも。

7月11日は選挙の日!
ということで、ちょっと選挙の話でも。
でも私、政策とかは全然詳しくないので、あまり突っ込んだ話はできません。

とりあえず、投票には行きましょう。
投票は権利であり、義務でもあるんですから。
(訂正・義務ではありません。申し訳ない)

追記・ちょっと調べてみたら義務じゃなかった……納税、労働、教育だった……指摘をうけてしまいました。お恥ずかしい……

そういえば時々、何故投票に行かないかというと、今の政治に失望しているから、という答えの方がいるみたいです。
でも、今の状態で投票に行かない、というのは、=自民党を支持、というのにつながるんではないでしょうか?
ベストはないかもしれませんが、自分が一番ベターだと思える人に投票するのでも、十分に意義はあると思います。

あと、自民はイヤだけど、民主とか他の党もイヤだ。
政権を任せられるとは思えないし。
と、自民に入れる方もいるようです。
……ちょっと思ったんですが、他の党に入れて、少しでも他の党の発言力を上げれば、あまりに強引なことはできないんじゃないでしょうか?
だから、自民でいいんだけど、もう少し慎重にやってくれるように他の党に入れる、とか。
もしみんながみんなそうやって考えていれたら、逆に自民がつぶれてしまいますが……
どうでしょう。
なんだか言っている事が支離滅裂な気がしてきましたが……

とりあえず不在者投票制度とか、都合の合わない人にも投票できるような制度を少しずつ作っているんですから、投票は行きましょう。
数十年前には、行きたくても行けなかった人がたくさんいたわけですし。

って、今まで色々書いてきましたが、今思い出しました。

…………

……私、未成年じゃん……

…………

……なぜかがっくし。



最後に、おもひでぽろぽろのおばあちゃんの
「うちの子はみんな贅沢だよ」のセリフを思い出して、ふと思いついた今日のヘン造語。

ないものねだりのあるもの忘れ。

追記・でもね、やっぱ投票には行ってほしいです。
なぜって、行かないと結局主張は出来ないものだと思うからです。
投票って、やっぱり一つの「声」だと思います。
何も言わないだけでは、伝わらないんじゃないかな、と思います。
投票しなくても、議員さんは何も感じないんじゃないでしょうか。
投票率が低かったとして、それを「ああ、日本には今入れたいと思う政治家はいないのか」とつなげて考えてくれるとは、到底思えません。
大抵は結果を考えるだけかと思います。
もしそちらに考えが及んだとしても、「投票率が低い。国民は政治に関心がない人ばかりなのか、嘆かわしい」くらいじゃないでしょうか。
多分に先入観も入っているでしょうが。

とにかく、そう感じるので、私は一番ベターでいいから、「声」をあげるべきだと思います。
posted by みもん at 14:53| Comment(1) | TrackBack(2) | 考えたこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、PPFVと申します。
投票、確かに義務と法制化されているわけではありませんが、一般市民の選挙権獲得までの歴史的な経緯などを考えると(やはり色々な戦いがあったんじゃないでしょうか)、義務と思ってもいいんじゃないでしょうか?何より自分のためですけどね。
投票率上がるとこの国もっといい国になると思いますよ。
Posted by PPFV at 2004年07月12日 02:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

投票に行かない権利
Excerpt:  投票日が近づくとどのメディアでも投票に行こうと報道しています。その影響もあるのか「投票に行かない人は非国民」というような偏った考えを持った人も存在します。  勘違いしていただきたくないことは投票は..
Weblog: パーフェクト・ワールド
Tracked: 2004-07-11 21:42

投票に行かない権利??
Excerpt: 私の7/5の記事 選挙〜「変えなければ」「変わらない」 に対してトラックバックいただきました。 『投票に行かない権利』と題する記事ですが、気になった点もありましたので、ちょっと補足。 まあ、私も投票..
Weblog: +++ PPFV BLOG +++
Tracked: 2004-07-12 02:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。