2005年01月18日

語りすぎ。

あまりに長くなったので日記とは別カテゴリに。
スガキヤネタです。


次の部分は、帝國のスガキヤを知っている方にしか多分面白くない長文ですので、読み飛ばし推奨です。

帝國民を新たにお一人発見できた上に、エセスガキヤラーメンを発見して味だけはほとんど同じということに驚きました。それにしてもはしゃぎすぎたのは反省。申し訳ない……
そのスガキヤなのですが、外観からしてその近辺にあるラーメン屋を明らかに意識しているんですよ。厚い木の板に筆で「すがきやらぁめん」とか書いて立てかけてあったら、さすがに入りませんが。(さすがにそこまではしていなかったが、外見から子供っぽさが全然見られなかった)
あまりに懐かしいのとまさかここで出会えるとは! という驚愕で、すぐに入りました。
松屋と同じような形式の食券販売機で、スガキヤラーメンを買う。せっかくだから贅沢してセットでも頼もうか、と、探してみるんですがかやくご飯とサラダセットがない。
ちょっと気になってソフトクリームも探すけどない。というかスガキヤラーメンが290円なのは覚えていたけど、トッピングするとネギとかでも100円上がるってなんか高くないか……?! 帝國もこんなものだったっけ。
どこぞの牛丼屋みたいなUの字型のカウンターに座ると、普通に水が出される!(コップは同じだった) 驚きです。
そして食券を出すと、店員さんの若いお姉さんが「スガキヤラーメンですね、ありがとうございます」とにこやかに確認し、少し奥でせっせと作っている若いお兄さんに「ラーメン一丁!」とこれまたハキハキとした声でオーダーを伝える。
暇なので店内のポスターを見るけれども、なぜかスーちゃんがどこにも見当たらない。何かやらしかして追放されたんでしょうか そして、セットメニューの宣伝を見てみると、どうやらかやくご飯とかの代わりに、ここではミニ味噌カツ丼、ミニかき揚げ丼などがセットでつくらしい。味噌カツは矢場トンいって食ってください
数分待っていると、カウンターの前から「お待たせいたしましたこちらスガキヤラーメンになりまーす」とお姉さんがラーメン(受け皿がついていて、そこに中華料理店でよく出される白いれんげが載っている)を置いてくれる。そして「ごゆっくりどうぞー」と言ってまた他の客のところへスタスタ歩いていく。
ラーメンは、ちょっと味付けに甘さと濃厚さが足りないか? とも思うけれどもスガキヤラーメンの味。これは良かった。まぁ一応スガキヤラーメンだしね
さて、私は、これにあの、全然辛さの足りない白コショウをかなり多目に入れて食べるのが大好きなわけですが。コショウは、見た目は同じような容器に入っていて、中身も白いんですよ。
でも、同じ感覚で入れると、ものすごい辛い。コショウまでやる気だしてます。
まぁ、久々のラーメンだったし、美味しかったんですが。

ちなみに多少誤差があるかもしれませんが、私の記憶だとスガキヤはこんなお店です。
外にはソフトクリームの大きな置物? のようなもの。ポスターにはポイントを貯めてスーちゃんグッズを当てよう! 的なものが。(時々新メニューの宣伝)
セットメニューはかやくご飯とサラダのセット(だったはず) 水はセルフサービス(コップと水差しが店内においてある)
そして店員はやる気なさげなおばちゃん・おじちゃんたち。暇だと世間話している。というかあんまりオーダー入ってないと、作っている最中にも世間話している。
食券は買って、自分でカウンターまで持っていく。そしておばちゃんに「ラーメンねー」とかなんとか言われて、自分のテーブル席に戻ってしばし待つ。
数分すると、「○ばんのラーメンのお客様ー(またはお客さん)」と呼ばれるのでとりにいく。
れんげはなく、先割れスプーン(がトレーに載っているんだっけか……? それか自分でコップのとこから持っていく)
白コショウもなんだか妙に辛さがない。

というのが、私のスガキヤ像なのですが……スガキヤ、経営方針変えてしまったんでしょうか……サービスの向上は素晴らしいとは思うんですけどね。
小さい頃から行っていた身には、前のあんなにやる気なかったスガキヤが、変わってしまったようでなんだか寂しかったり。帝國と前からスガキヤ勢力範囲内にあった近隣諸国はそのまんまみたいで、嬉しい限りですけどね!
しかし、味噌カツ丼とか狙いすぎだよ、スガキヤ……味噌カツなら銀座に矢場トンあるらしいからそっち行くべきだよ……いいじゃないか、子供と家族連れターゲットで……あのソフトクリーム、冬でも食べてたよ、私は……っていうかスガキヤでは、大人には絶対量の足りないかやくご飯とか、ちまっとしたサラダとかが食べたいんだ! っていうかなんでかき揚げ丼なんだ!? 名古屋風味狙うならエビフライ丼とかにしとけよ! っていうかスーちゃんどこへやったんだ!
と、語りに語りましたが、まぁ、なんというか。昔のままのスガキヤがいい方は、スーちゃんの見えないスガキヤに入ってはならない、ということですね。

ああ、今日は帝國ネタで語りすぎた……
posted by みもん at 11:21| Comment(5) | TrackBack(0) | ネタ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みもんさん、こんにちは。

帝国以外のところにもスガキヤがあるのを知ってまずびっくり。最近帝国のスガキヤにはいってないから知らないけど、数年前まではみもんさんの書いておられるとおりでしたね。スーちゃん、ピンクのインテリア、先割れスプーン、辛くない白胡椒(小麦粉で増量?)・・・力はいってないところがよかったというのもよくわかる。スガキヤに気合は似合わない。どことなく、小学校の給食室の延長みたいな雰囲気がいいのですよね。

しっかし、銀座に矢場とんがあるのか!銀座に!山本屋なら許せるかな(あるのでしょうか?)。
Posted by 帝国臣民A at 2005年01月23日 10:04
帝國臣民Aさん、こんにちは。

さて、スガキヤですが。
私の最後にいったのが、ちょうど1年前の今頃くらいだったと思うので、多分まだ変わっていなんでしょうね。
そうそう、ピンクに黄色と白みたいなインテリアでしたよね! 黒なんて使っていたら子供が逃げてしまうよ……
あ、あれって小麦粉で増量していたんですかね?!(笑) あんまり入れるととろみが出てきそうな気が……
小学校の給食室、分かります。おばちゃんに給食頼む延長みたいな感じかも。そういう雰囲気ですよね。

調べてみたところ、山本屋は帝國限定みたいですね。うどんパック? を売っている店は全国にあるようですが。
銀座の矢場とんは、なんとなく矢場とんのイメージに合わないので行っておりませんが、あるのは確認しています。というか私は銀座という町に足を踏み入れることが出来まs(自粛
コメントありがとうございました!
Posted by みもん at 2005年01月24日 14:26
 みもんさん、はじめましてv

 スガキヤは京都にも奈良にもありますよ。子どもの頃にはよく行きました。
 こっちでは先割れスプーンではなくて普通のレンゲです。セット内容も店の構造も似たようなものです。全くお洒落じゃないです(失礼)。
 でも、胡椒は別に辛くなかったとは思わなかったのですけど、でも大量にかけてたからもしかしたらそうだったのかしら。あんまり覚えてないです。

 個人的にはスガキヤはラーメンよりもソフトクリームのほうが印象に残ってます。庶民的な味わいでした。

 ではー。
Posted by なお at 2005年01月25日 15:52
Posted by みもん at 2005年01月26日 18:52
なおさん、はじめまして!

なんと、古都にもあるんですか、スガキヤ! 初耳です……でも、れんげということ以外は帝國のものと変わりないようですね(笑) 確かにおしゃれとは程遠いですよね。
そして、コショウは辛かった……ううむ、違うのかな、地域によって……

スガキヤ、そういえばソフトクリームもやってましたよね! かなりリーズナブルだったので、私もよく食べてました。

コメント、どうもありがとうございましたっ。
Posted by みもん at 2005年01月26日 19:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。